Technology based farming

The use of modern technologies is becoming omnipresent in agricultural cultivations. Technology-based farming for crop production englobes techniques such as hydroponics, aquaponics, shelter farming and vertical farming. It is a fact that the demand for vegetables produced through hi-tech systems is rising both at local and regional levels.

EDB BUSINESS SUPPORT PORTAL

The EDB BUSINESS SUPPORT Portal is meant to create synergy and linkage among the various institutions of Mauritius to give entrepreneurs the support they need to thrive. In line with the strategic vision of the Government...

Trade & Investment Platform for Africa

In line with the government strategy to promote Mauritius as a reputed and effective trade and investment platform for the continent…

A vibrant destination for quality education

In view of developing Mauritius as an innovation-driven economy, the Government of Mauritius aims at positioning Mauritius as the leading education hub for the region.  Mauritius is today a significant provider of quality education.

Travel, Stay & Explore Mauritius under the Premium Visa

The experience of natural beauty and balanced lifestyle that could only be encountered on a rare holiday has now been made available under the Premium Travel Visa to any non-citizen who intends to stay in Mauritius for a maximum period of one year as a tourist, retiree or a professional willing to come with his/her family and carry out his business or work remotely from Mauritius…

 

Visit Residency.mu

Developing a resilient and sustainable industry

The manufacturing industry remains an engine of growth with a GDP contribution of 13.3% in 2021 compared to 12.1% in 2020.

はじめに

人口130万人の多様な多文化国家であるモーリシャスは、さまざまな分野において、投資の機会を提供しています。
ビジネスがしやすい国にランキング入りしており、安定したガバナンスも、他にはない完璧なビジネス環境の実現を可能にします。

130 万人

人口

3.2 % (2019)

実質GDP成長率

Rs1990 億 (2019)

輸入総額(C.I.F

Rs790

総輸出額(F.O.B

米ドル12740

一人当たりGNI

KEY SECTORS

  • ICT

    ICT/BPO産業は、モーリシャス経済を牽引する重要な産業であり、2019年のGDP寄与度は5.8%、約27,000人を雇用しています。ICT-BPO関連企業数は約850社と、アフリカ地域において最も卓越したテクノロジーエコシステムの一つであり、セクター間のイノベーションとコラボレーションのもと、繁栄が実現しています。

    850

    企業数(2019年)

    27000

    雇用数(2019年)

    7 %

    GDP(2020年)

    115

    インターネット普及率(2020年)

  • Manufacturing Industry

    With more than 50 years of industrialisation, the manufacturing industry remains an engine of growth with a GDP contribution of 12.1% (2020). This industry has played an instrumental role in the economic diversification and transformation of Mauritius from a monocrop to a broad-based and forward-looking economy. Today, Mauritius has consolidated its reputation as a high quality and reliable supplier through a successful combination of trade, investment, and industrialization strategies. 

    85 %

    総輸出額

    103400

    雇用数

    810

    大規模事業所

    12.1 %

    GDP貢献度

  • アグロインダストリー

    モーリシャスでは何十年もの間、農業が経済を支えてきました。単作でスタートした農業は、現在では多様化が進み、203を超える関税品目が現地生産、輸出されています。 産業基盤が大幅な成長を遂げているモーリシャスですが、島の風景を象徴するのはサトウキビ畑であり、農業・農産物加工部門は経済の重要な柱であり続けています。

    3.2 %

    GDP貢献度

    Rs 8

    投資

    Rs 18

    国産品輸出

    41000

    雇用

  • クリエイティブ業界

    クリエイティブ・セクターは、収入、雇用、輸出の創出につながり、地域経済や世界経済に貢献する価値ある分野として、ますます注目を集めています。 政府のビジョンでは、クリエイティブ・セクターは、成長、雇用創出、投資に刺激を与える新たな経済的原動力となる可能性を期待しています。モーリシャスのクリエイティブ業界は、GDPの3.5%、約140億Rsと評価されています。

    3.5 %

    GDP

    Rs 140

    億 (GDP)

    30 %

    キャッシュリベート

  • スポーツ経済

    モーリシャス政府は、スポーツ経済を活気と成長に満ちたものに発展させることでモーリシャスを地域のスポーツハブとし、観光を含むサービス産業にも波及効果をもたらすことを目指しています。

    In our endeavour to promote sports in Mauritius, the following has been realised:

  • ヘルスケア

    モーリシャスのヘルスケア分野は、ハイテク医療、メディカルツーリズム、医療教育、ウェルネスをはじめとする高付加価値の事業活動を中核とした総合的なクラスターへと変貌を遂げています。

    最先端の医療施設と優秀な人材を擁するモーリシャスは、高まりを見せる国内外の医療ニーズに対応できる体制が整っています。

    4.6 %

    GDP貢献度(2019年予測値)

    + 4500

    官民合計病床数

    8500

    雇用総数

  • ライフサイエンス

    経済的空間を広げるという政府のビジョンのもと、経済開発総局は、医療バイオテクノロジーを巨大なポテンシャルを持った分野として位置づけており、高付加価値がもたらされることを期待しています。

    + 1000

    化粧品および医薬品関連の試験数

    25

    活動中の 組織数

    1275

    雇用総数

  • 不動産・ホスピタリティ

    モーリシャスをビジネスと金融の活気あるハブへと導く不動産開発が進んでいます。このような戦略によってもたらされる成果は3つ。

    6.7 %

    投資

    10.5 %

    GDP貢献度(不動産・建設)

  • 再生可能エネルギー

    モーリシャスでは、電力に占める再生可能エネルギーの割合を、2030年までに現在の21.7%から40%にすることを目標としています。この目標は、IRENAやSEFORALLが世界的に掲げている、2030年までにエネルギーミックスに占める再生可能エネルギーの割合を30~36%とするという目標を上回るものです。これを受け、現在送電網に接続している実用規模の太陽光発電と風力発電のプロジェクト合計約80MWのうち、一次再生可能エネルギーによる発電量は、2016年の5.5%から8.1%に増加しています。

    14 MW

    バッテリー貯蔵

    2 MW

    水上太陽光発電プロジェクト

    1000

    ソーラーパネル

  • 教育

    モーリシャス政府は、イノベーション主導の経済国として発展すること目指し、モーリシャスを地域の主要な教育ハブとして位置づけることを計画しています。そして現在、モーリシャスは非常に質の高い教育を提供する国となりました。

    4.8 %

    GDP貢献度 (2019)

    319

    初等教育学校 (2020)

    48.9 %

    高等教育機関への入学者割合 (2019)

    179

    中等教育学校 (2020)

  • 海洋経済

    モーリシャスは、230万平方キロメートルとの広大な海域、セイシェルと共同管理する39万6千平方キロメートルの海域に囲まれた小さな陸地です。海は、私たちの歴史、文化、環境、経済に脈々と受け継がれてきました。

    4 %

    GDP貢献度

    $ 250 Million

    Export

    $ 300 Million

    Re- exports

    16000

    雇用数

  • 自由港と物流

    モーリシャス自由港は、モーリシャスを競争力のある国際貿易の物流・配送センターとして発展させることを主な目的として1992年に設立されました。年々、発展著しいビジネスプラットフォームへと成長し、世界的な事業者が拠点を構えています。

    米ドル 738

    総取引額 (2019)

    0.6 %

    GDP貢献度 (2019)

    205

    自由港事業者数 (2019)

    263081 トン

    輸入量 (2019)

  • 金融サービス

    モーリシャスIFCは、クロスボーダー投資・金融において20年以上の実績を誇り、十分な規制と透明性を備えた、他に類を見ないプラットフォームを提供しています。 国際的に定評のある法域として、モーリシャスIFCには、国際銀行、法律事務所、企業サービス、投資ファンド、プライベート・エクイティ・ファンドなどが多数展開しています。

    13 %

    GDP貢献度

    1015

    国際ファンド

    1.1 %

    部門別成長率

    8635

    雇用

CONNECTIVITY TO THE WORLD

DTAA– Double Taxation Avoidance Agreement | IPPA1– Investment Promotion and Protection Agreement signed | IPPA2– Investment Promotion and Protection Agreement Awaiting Ratification | MOU– Memorandum of Understanding | SEZ– Special Economic Zone | CD– Country Desk | HC– Honorary Consul | DM– Diplomatic Mission |

Direct Flight Direct Port Connectivity Night Day

Time Zone: Relative to GMT

NEWSROOM

UPCOMING EVENTS

TESTIMONIAL

norman noland
Norman Noland氏

CEO

Dale Capital Group Limited

創業20周年を迎える今年、モーリシャスの人々と共にこのような節目を成功のもとに迎えることができたことは、非常に喜ばしいことです。投資家に優しいビジネス環境づくりにおいて、モーリシャス政府の活動やEDBのプロフェッショナリズムは高い評価に値するものです。  新型コロナウイルス感染症の大流行の中にあっても、モーリシャスは困難な状況を克服し、正しい方向へと経済を導く力があると確信しています。

chris
Christopher John Kirubi博士

会長

Centum Investment Company Ltd

モーリシャスの特徴とは何でしょうか? モーリシャスは、まず、アフリカのガバナンスに関するモ・イブラヒム指標で、アフリカで最も起業に適した国に選出され、「アフリカにおけるグッドガバナンスのサクセスストーリー」と評価されました。

Renaud Azema
Renaud Azema氏

フランチャイズマネージャー&GM

Vatel Mauritius

2009年のVatelモーリシャス開校の決め手を2つご紹介します。

まず、ホスピタリティ産業の世界的な評価の高さ。そして第二に、政府目標として知識ハブとしての発展が掲げられているという点です。 開校から6年経過した現在、EDBの支援により弊社の戦略は成果を収めています。

yves
Yves Bernaert氏

シニアエグゼクティブ

Accenture Global Delivery Network

Accentureは、2002年にモーリシャスに拠点を構え、従業員2,200人以上を抱えるICT-BPO部門最大の雇用主に成長しました。当社のテクノロジー・アウトソーシングおよびビジネス・プロセス・アウトソーシングの派遣センターは、フランス語圏、英語圏、その他のヨーロッパ諸国のお客様のお役にたっています。

fred sisson
Fred Sisson氏

CEO

Synnove Energy

モーリシャスでの事業運営は非常に良好なものとなりました。安全で透明性が高い法務プラットフォームや、優秀でエネルギッシュな人材の確保など、モーリシャスには、ビジネスの成長に欠かせない要素が揃っています。当社のSADC諸国への進出では、力強い支援が得られました。

pearse flynn
Pearse Flynn氏

CEO

Ebenegate

モーリシャスへの投資を決定づけた要素としてさまざまな要素があげられます。高学歴のバイリンガル人材、ビジネスに適した環境、そして何よりも政治的・経済的に安定しているモーリシャスは、Ebenegateにとって理想的なオフショア拠点です。

Laurent-Chaverot.jpg
Laurent Chaverot氏

CEO

Allianz Services

Allianz Groupの内部運営組織であるAllianz Services。モーリシャスには2012年にオペレーションセンターを設置し、世界各地のAllianzの活動をサポートしています。この拠点では、顧客サービスと保険業務管理の専門知識を活用しています。モーリシャスは、安定した規制環境、健全なインフラ、フランス語と英語が求められる職種に対応できる有能な人材が揃った土地です。

Chat with us

Talk to us